読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早期リタイア後のロールモデルについての結論

図書館にて、蔵書の検索を司書さんにお願いしている間、雑誌コーナーをうろうろしていた。そうすると月刊ビッグトゥモロウという雑誌が「セミリタイアの実際に迫る!」といった特集を表紙で大きく見出しにしてあったので、ページをめくってみた。すると不動…

生活における快適な不快さとはいったいどれくらいなのかについて考えている

同意する人が3人くらいしかいそうにない話題なんだけども、最近私が強く考えていることなので思考を整理すべく記事にしたい。 私みたいな、無職で今後も働く予定がない人間にとって、日々の生活の良し悪しというのは常に気にかかるもんだ。キャリアパスやら…

平日の昼間に河川敷で氷結レモンを飲むのが贅沢でたのしい

仕事をやめてから春と秋の楽しみが増えた。ちょっとだけ自転車をよけいに漕いで、途中で「氷結」のレモン味(缶チューハイな)をローソンで買って河川敷に行くことだ。平日の昼間限定。

億万長者の悲しみMinecraft作者ノッチから金と人生と幸せを学ぶ

Minecraft製作者として有名なMarcus Perrson氏、通称「ノッチ」の一連のツィートが話題を読んでいる。 ノッチはMinecraftを25億ドルでMicrosoftに売却した事でも有名だ。

【後編】セミリタイア2年経過後の活動や思考のまとめ

30代セミリタイア生活の2年分をエッセイ的につづる記事の第二回。リタイア生活の情報を求める人々に向ける個人的な雑感である。 後編の今回は、アーリーリタイア生活における活動や思考といった広範囲なものを扱う。引き続き個人の体験を求めてくれる方々…

【前篇】30代で早期リタイアして2年経過後の生活まとめ

ブログを再開してから、立て続けに私向けにリタイア関連でアクションしてくれる方に恵まれた。この場を借りてその方々にお礼申し上げる。 私のリタイア期間も2年を超えるようになってきた。感じた事や体験を、そろそろ1つの記事に出来るかもしれない。私も…

【30-40代】セミリタイア中の人たちに悩みや生活を聞いた

アーリーリタイア、早期リタイア、セミリタイア。色んな言い方がありますが、今回はきりんの知人で、セミリタイア中の人々を紹介します。みなさん30-40歳代で若くしてリタイアした人々です。どうやって資産を築き、今、どう日々を過ごしているのでしょうか。…

リタイアという言葉に縛られて身動きができない人

Image via behang 「アーリーリタイア・セミリタイア」という単語を聞いた時に想起されるイメージ 「死ぬまで南の島や田舎で悠々自適。読書をして穏やかに暮らす」 そんな夢想気味なイメージでなくとも、リタイアブログをしている人の中には労働に対して「ギ…

アーリー・セミリタイア費用は少なめで良い

リタイアするにあたって一番難しい問題。それは必要な資産額が自分がいつ死ぬかわからないから、分からないこと。 私は、平均余命で残高がゼロになるのを目指しています。65歳以降はつつましく暮らします。現在の制度で考え

リタイア後の人生 生活や趣味の考え方について

夢に描いた早期リタイア。趣味や新しい生活など、やりたいことはたくさん。やりたくない事は…仕事?? しかし、実際に若くしてリタイアしているある知人は口癖のように言います。 壁打ちの時期だし粛々と。— きりんの自由研究 (@giraffree) 2014, 12月 15 壁…