読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金持ちになる方法をわかりやすく解説

私がよく見るブログに、表題と近いタイトルの記事がありました。

ライフハック系を中心にいつも面白い記事をアップされている方です。結論としては「金持ちになるたった一つの方法は、支出を減らすこと」と書かれていらっしゃいました。キャッチーなこのテーマ。1代で資産を築く人の仕組みを2分くらいで解説します。

金持ちになりたければ最初は絶対に節約なんてするな!

金持ちになるには

収入 - 支出 = 資産

支出を減らすと、資産が残る。資産が少ないうちは資産運用などでも投資効果が少ない。それはそうなんです。

しかし、大事なことは「収入が少ないうちは支出を下げても資産がたまらない」んです。苦労して月々5万円節約したとして、どれくらいのペースで貯まるのでしょうか。

1年…60万円
5年…300万円
10年…600万円
20年…1200万円
30年…1800万円

定年おつかれさまでした。お金持ちにはなれませんでした。

金持ちになるほかの手を考える

普通にやってちゃ金持ちになれない。じゃあどうするか。収入を増やすしか無い。収入を増やすには労働時間を増やす方法と、投資する方法があります。しかし労働時間には限界があります。

かといって、小さな貯金では投資効果が得られない。個人的には元金1000万以下は投資する効果が無いと考えてます。労働で得られる収入と比較して、という意味で。100万投資して年5%で5万円じゃ、節約と同じです。

金持ち方程式から導く「確実にお金持ちになれる」方法は、投資、次に投資、そして再投資

手が無いと思ってここであきらめてはいけません。投資はなにも株式や債券だけではありません。「自分のビジネス」もしくは「自分自身」への投資が道として残っています。

自分のビジネスへの投資」はわかりやすい。資本というのは再投資する事で雪だるま式に増えていきます。

業界によっては年成長率100%200%なんて、創業5年くらいはあたりまえのことです。会社が小さい間は一切給料を取らずに会社に再投資します。設備を揃え、人を雇い続けるのです。そして丸く太ってから少しずつ給料を増やしていきます。

自分への投資」は少し難しいですが、「収入を増やす」事に視線をおけば少しスッキリします。

「貴方が今の給料の倍、3倍、5倍、稼げるような事、もしくは自分のビジネスが持てるような事」へ今の給料を再投資するのです、上司や有力者との飲みでもいいです、資格の取得もいいでしょう。

知識や技術を身につけるべく、本をたくさん買う事を私はおすすめします。間違っても「自分への投資」と言ってネイルサロンに行かないように!

稼いだ金は生活資金以外貯金せず、投資効果が高いところに必ず再投資しましょう。貴方の収入を100倍にするのです。

金持ちは何故金を使わないか

最後に映画「マルサの女」の名言をご紹介します。

金を貯めようと思ったらね。使わないことだよ。
あんたは葬式があれば2万、結婚式があれば3万と出すでしょう。
そんなもん出していたら金は残らない。
100万あったって、使えば残らない。
10万しかなくても、使わなけりゃ、まるまる10万残るんだからね。
あんた今、ポタポタ落ちてくる水の下に、コップを置いて水ためているとするわね。
あんたのどが渇いたからといって、半分しかないのに飲んじゃうだろ。
これ最低だね
なみなみいっぱいになるのを待って、それでも飲んじゃだめだよ。
いっぱいになって、溢れて、ふちから垂れてくるやつ。
これを舐めてがまんするの。
via: 映画 マルサの女

これは、「節約してお金を貯めよう」という話ではなく

ビジネスや投資で上がった配当や金利だけで食っていこう」という話です。同じく金持ちが金を使わないのは「投資に使うための元本を減らしたくない」からです。

元本や資本が大きければ大きいほど、収益が大きくなるのが資本の基本原則です。

1000万円 x 利益5% = 50万円
5000万円 x 利益5% = 250万円
1億円 x 利益5% = 500万円
3億円 x 利益5% = 1500万円

だから本当に資産を持っている人は使わないのです。さらに金持ちになりたい人は、それすら自分の懐に入れずに再投資するのです。


▼▼▼▼▼

投資=株式投資、だと思っている人が世の中にはすごく多いです。

本当は、何も持っていない時点では自分自身に投資するのが、一番効率的。それがいつ、自分のビジネスへの投資が効率的になるのか、他人のビジネスへの投資が効率的になるのか、見極めるのが次のステップです。

【この記事に関連する記事はこちら】

こぼれ話や解説、ブログ更新をツィッターで毎日配信中