読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【翻訳】「株式会社はてな」株式公開を目指す

この文章はTech in Asiaの記事、A combo of Reddit, Quora, and Tumblr, Japan’s Hatena is storming to an anticipated IPOの日本語訳です。

id:jkondo の最近の活動を知ろうとTwitterを確認したところ、以下のようなツイートに出会いました。

id:jkondo の話題ではなさそうでしたが、現CEO栗栖さんの事を全然知らなかったので、読み込んでみました。

訳者のエクスキューズはのちほど、意訳したものをアップします。栗栖氏の素敵な笑顔なども掲載されていますので、原文を是非確認してください

Tech in Asia: RedditとQuoraとTumblrを集めたような日本の嵐「株式会社はてな」株式公開を目指す

はてなのCEO、栗栖 義臣。物腰が柔らかで優秀なこの男は、言葉に詰まっていた。栗栖は決してお飾りではない。


ーー栗栖は、大学で原子力を学んだ後数年で、はてなにエンジニアとして入社した。彼はすぐにプロジェクトリーダーになり、はてなの開発部長となった。その後、任天堂のMiiverseを開発、リリースするために彼らに力を貸し、今は、はてなのCEOだ。


そんな彼にTech in Asiaが「あなたにとって、国際的企業とは何だと考えますか?」と聞いた時、彼はしばらく答えに窮した。


そう。数多の企業が、ブックマークやブログサービスを展開している。選択肢は豊富だ。あえてはてなを選ばなくとも。



はてなのコアは、オンラインコミュニティを生み出すことだ。


はてなブロガーは意見や知識をシェアし 、フォロワーを獲得する。そしてフォロワーをはてなで展開される話題に巻き込んでいく。ユーザーは、はてなブックマークを通じて、その日一番注目すべき、とはてなが考えるしたニュースを閲覧していく。


無論ほかにも、はてなは、一般的なコミュニティサービスと同じように、人気を獲得するため、Q&Aほか様々なサービスも持っている。

栗栖ははてなをReddit, Quora, Tumblrと同じように考えている。



2001年にはてながデビューしたとき、その技術者寄りの仕事環境と、エンジニア優先の世界観を前面に押し出すことで「日本のグーグル」と評された。


今日、グーグルは世界制覇とともにその世界観を推し広げている。そして、エンジニア出身の栗栖がCEOなことは、はてながいまだエンジニアにとってのホームであることの何よりの証拠だ。


株式公開準備

はてなは、近藤淳也によって京都で創業された。近藤は今年の8月まではてなのCEOだった。しかし、彼のルーツである、新サービスの開発に復帰するため、会社の開発部長である栗栖にマネジメントを引き継いだ。栗栖ならエンジニア中心の会社として、はてなを継続させる方法を心得ているからだ。


栗栖は追加で重責となるCEOという仕事を引き受けた。これからこの会社を株式公開へと導かなければならない。だから、神経質な広報アドバイザーの事を考え、できうる限り誤った解釈をされるような発言を控えねばならないのだ。


そうだとしても、はてなの未来の時価総額のヒントは、品薄になるということだ。彼らには投資家たちを満足させるのに十分な数値指標が沢山ある。はてなには月間4000万ユニークビジターが訪問している。その核となるのは400万人の会員だ。それらは月間20億PVをもたらす。RedditやTumblrの数字には遠く及ばない。しかし、はてなユーザーはほとんどが日本人だ。それは1億人の日本のインターネット人口のうち、40パーセントがはてなのユーザーであることを意味している。


日本にいるエンジニアで、他のエンジニアと繋がりたいなら、はてなにサインアップするのが賢明だ。はてなの40%のユーザーが技術職で、33%はエンジニアだ。広告関係者にとっても、はてなユーザーの1/3が年収70,00USドル以上と知られてからおなじみだ。


KDDIがモバイルプラットフォームにおいてGoogleやYahoo!を追い抜くために、ユーザーベースという強みを持つはてなを、その構想に取り込んだ。「Syn. (シンドット)構想」へのはてなの参加は、日本での彼らの存在感の証左だろう。

See: KDDI knows “Syn” is good. Telco makes play to swipe Google and Yahoo’s mobile users.


これからの戦い

Tumblrは、日本で今のところブームになっていない。しかし、栗栖はダビデとゴリアテの戦いのように小者が勝てるとも思っていない。「何よりも言葉の壁がある」。予想に反して、はてなが海外で人気を獲得したら、はてブとはてなブログは最高の強みになる。しかし、海外ユーザーはすでに、巨大なライバルサービスを知っている。


栗栖はもう1つ、海外で上手く行く方法を模索している。まったく新しいサービスを始めることだ。マカレルは「革命的な」クラウド用アプリケーションパフォーマンス管理システム、と彼らは宣伝している。現在はベータ版で全ての機能が無料で使えるが、今後月額15ドル前後で提供される。このサービスでもっとも重要なこと。それは「簡単な英語版」が同時リリースされたことだ。日本においては日英版同時リリースは一般的なことではない。


株式公開と海外展開。はてなは新しい戦場に出たばかりだ。当初のシンプルなコミュニティサービス以上に発展すること。しかし、栗栖は、はてなのカルチャーを変えない決心している。


栗栖は、最後にこう話してくれた。


「はてなという会社は、ものづくりの場所だと思っています。インターネット企業ではあるが、我々は自分たちの事を、ものづくり職人だとイメージしています」と。

原文:Tech in Asia: A combo of Reddit, Quora, and Tumblr, Japan’s Hatena is storming to an anticipated IPO

*年収7,000ドル→70,000ドルの転記ミスがありました。修正しています。

訳者より

今回の記事翻訳は、訳者の英語学習の一貫として日本語訳されたものです。独学で勉強中なので、翻訳の信頼性は高くありません。

他人向けに初めて翻訳を行いました。ノウハウもないため、意訳となっています。

間違いに気づいた方がいたら、訳者のために、なにより他の閲覧者のためにぜひご連絡ください。修正します。

また、予告無く記事公開を終了する場合があります。


こぼれ話や解説、ブログ更新をツィッターで毎日配信中