読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう1つの石器時代:チンパンジー石器時代突入説の証拠が続々と揃う

学問・文化

イギリスの国営放送BBCのWeb版BBC Earthが、近年の「チンパンジー石器時代突入説」の証拠をまとめてChimpanzees and monkeys have entered the Stone Age(チンパンジーと猿は石器時代に突入していた) として 特集記事を組んでいる。

それによると、近年、チンパンジーの祖先が使用していたとされる石器が相次いで古い地層から発掘されているとの事だ。それはアフリカの熱帯雨林、ブラジルの森林地帯、タイの砂浜と世界各地に広がっている。

アフリカ、コートジボワールの熱帯雨林の地層で発見された石器は、チンパンジーの祖先が4300年前に使用していたものだとされている。それらの石器はただの石ではなく、意図して加工された道具である。

チンパンジーはこれらの石器を、木の実を割って中身を取り出すような、単純な作業に使っていたようだ。

チンパンジーの石器時代

石器は人類の祖先が使っていた、石器のハンドアックス(手斧)などと比べると、粗雑なものだ。

しかし、それらの痕跡は世界に広く分布しており、彼らの生活の中で繰り返し実用されていたようだ。これらの事から検討するに「チンパンジーは、その進化の過程で石器時代に突入していた」と言って良い、と専門家は判断している。

Photo via: Wikimedia

他の霊長類種、例えばオラウータンやゴリラなどは、原則として石器を使わない。霊長類は多くの時間を木々の上や木々の密集した場所で暮らす。そのため、身近な小枝などを道具とする事はあっても、あえて地上に降り、石を収集・加工し、道具とするような事はしないようだ。

一方、西アフリカのチンパンジーは彼らとは異なり、石を収集し、加工し、世代を越えて石器技術を受け継いでいるらしいことがわかってきた。

ドイツの霊長類考古学者 Christophe Boesch は、これらの事実を統合すると、チンパンジーは人類の行動を真似たのではなく、人類とチンパンジーの共通の祖先がすでに石器を使用していたのではないか、と考えている。

調理をするチンパンジー

Photo via: Wikimedia

ハーバード大学の心理学者 Alexandra Rosati と Felix Warneken の研究によると、チンパンジーは火こそ制御できないものの、調理済みの食事のメリットを理解しているらしい事も分かってきた。それは、野火などを使って彼らが調理済みの食事をしていた事を示唆する。

彼らの実験では、オーブン(に見立てたボックス)と生のポテトチップスを用意する。その上で、チンパンジーがオーブンに生のポテトチップスを入れると、調理済のものが出てくるようにする。

このような条件を整えたところ、チンパンジーたちは、初めは生のままポテトチップスを食べていたが、徐々にオーブンの特性を理解し、最終的には多くのチンパンジーがオーブンでチップスを焼くことを好んだとの事だ。

また、さらなる実験では、生の食材を遠隔地に置いた所、チンパンジーたちは、オーブンまでそれらを運ぶ事さえした。

2つの石器時代を隔てたものは

人類の祖先は、道具の利用を習得したのち、火のコントロール、道具による狩猟採集、家畜化や栽培、食器類の作成などを経てさらなる進化を遂げる。

チンパンジーと枝分かれした人間の祖先は、そうやって進化してきた。同時に、人間の祖先の脳容量は飛躍的に拡大していき、手のひらは道具を扱うため今日のように発達していった。

人間の祖先はこのような進化や技術を獲得したのに対し、共通の祖先をもつチンパンジーは今日においても、それらを獲得出来なかった。何故だろうか?

この疑問に対する答えは、未だ専門家の間でもはっきりしていない。有力な説としては、強靭な体力の維持を優先し、森に残ったチンパンジーと、森を捨て体力を捨て、知恵で生きる事を選んだ人類の進化の方向性が運命を決定づけた、というものがある。

一方、古典SF映画「2001年宇宙の旅」で、原作のアーサー・C・クラークと監督スタンリー・キューブリックは、1つの可能性としてモノリスと呼ばれる石版による、異星人による人類の進化の超促進を示唆した。

ロマンチックな私は、こちらの説を指示しようと思う。

【関連リンク】
wikipedia: 人類の進化

【関連アイテム】

人間はどこまでチンパンジーか?―人類進化の栄光と翳り

人間はどこまでチンパンジーか?―人類進化の栄光と翳り

種の起源〈上〉 (光文社古典新訳文庫)

種の起源〈上〉 (光文社古典新訳文庫)

決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)

決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)

↓Twitter版「きりんの自由研究」も配信中