新幹線乗り放題の訪日外国人向け乗車券「ジャパンレールパス」と地方のインバウンド観光

ここ数日、観光しに来たオランダ人に地元を案内していました。

Japan Rail Pass

私は過去、自宅とは別のブログ部屋でブログを書いているという話をしたことがあります。その部屋には他にも目的があって、そのうちの1つがカウチサーフィンのサーファー(宿泊希望者)受け入れ。英語の練習にもなるしね。カウチサーフィンとは

カウチサーフィン は、インターネット上の無料国際ホスピタリティー・コミュニティーであり、現在世界で最も大きなホスピタリティー・エクスチェンジ・ネットワークである。英語の「カウチ」(couch, 日本語で言うソファー)とサーフィンを併せた名称である。

海外旅行などをする人が、他人の家に宿泊させてもらう(カウチをサーフさせてもらう)という形式の相互的な思いやりや信頼による制度である。コミュニティーの軸にしたウエブサイトにて、プロフィール、身分確認制度、メンバー同士の評価等により、世界各地のメンバー間で連絡を取り相談の上で宿泊が決まる。

Wikipedia:カウチサーフィン

今日は、そのカウチサーフィンを使ってやってきたオランダ人が持っていた、ジャパンレールパスがイケてたので紹介します。地方のインバウンド観光はアツくなるかもしれません。

Japan Rail Pass(ジャパンレールパス)はJR発行の新幹線も乗り放題の期間乗車券

ジャパンレールパスは、外国人観光客向けの特殊なJR乗車券です。7日,14日,21の期間3種類が発売されており、JRグループの急行・特急はおろか新幹線まで乗り放題(のぞみ・みずほ除く)の圧倒的コストパフォーマンスを誇ります。

■ジャパンレールパス引換証のおねだん(2014年9月1日現在)
種類 グリーン車 普通車
区分 大人 子供 大人 子供
7日間 38,880円 19,440円 29,110円 14,550円
14日間 62,950円 31,470円 46,390円 23,190円
21日間 81,870円 40,930円 59,350円 29,670円

日本版ユーレイルパスみたいですね。1980年代から発売されているようですが実物を見たのは初めてでした。

外国人旅行者向け 新幹線乗り放題チケット

オランダ人の彼に実際みせてもらったこのきっぷは、21日間有効のものでした。

指定席も取れるようです(左下のスタンプ欄)。さくらに乗れて、のぞみ・みずほ が使えないのが謎ですが、東北・九州まで新幹線でつながった今、新幹線乗り放題は在日の人々からすれば夢が広がるきっぷです。

のぞみに乗れないのは、東京大阪間がうっとおしいので、訪日観光客のためにもJRさんになんとかしてほしいところ。

詳しくはジャパンレールパス公式サイトを見てください。

厳格な運用で日本人は残念ながら購入不可

購入要件はざっくりいうと

「外国の永住権・居所があり、日本に短期滞在に来る人」

なので、日本国籍があっても一応購入できます。フィリピンやマレーシアなど永住権同等の資格を得る事が難しくない国もありますが、このパスを使うために永住権取得、ということもないと思いますが。発行も原則海外の旅行代理店で行われます。

にしても新幹線 東京・大阪間 自由席は定価で¥13,620です。それを考えれば圧倒的なコスパ。もしあなたが訪日外国人で、3週間自由にJRに乗れるとしたら、どこをめぐりますか?

ジャパンレールパスと地方インバウンド(外国人向け)観光

私は岡山に住んでいます。岡山は中途半端な観光資源しかありません。カウチサーフィンにホスト登録しても宿泊希望者がいるのかな? と思いましたが、登録してすぐに希望者から連絡がありました。

フタを開けてみると、この「ジャパンレールパス」を持っていて、昨日は京都、明日は福岡、来週には仙台、など自由に日本中を回っているとのことでした。なるほど。

新幹線があるJR駅は、今後観光立国を目指す日本で、重要なポジションを担う可能性を秘めています。ハーバードビジネスレビューオンラインでは、円安の影響もあり、JRレイルパスが売れに売れている様子を紹介しています。定価が「日本円」なため、円安になると、このパスもお安くなる、というのがからくりです。

私はカウチサーフィンで寝床を提供するだけですが、個人の部屋に金額を設定して旅行者を宿泊させるAirBnBに関しても、地方需要というのは無視できないものになってくる予感がします。

インバウンド観光(訪日外国人向け観光)は、これから目が離せません。

【この記事に関連する記事はこちら】

ツイッターやってます↓