読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年世界のスタートアップのエンジニア給与ランキング

サンフランシスコ拠点のスタートアップ用ツールとレポートを提供する企業「Compass」が2015年版の世界のスタートアップ企業に関するレポートを公開した。

The 2015 Global Startup Ecosystem Ranking is live!

レポートは登録すれば誰でも無料でダウンロードできる。その中で、世界のスタートアップのエンジニア給与が都市別に公開されていた。誰も記事にしないので私がランキングにしてみなさんに共有しようと思う。

2015年版世界各都市のスタートアップ企業エンジニア年収ランキング

調査対象は以下の都市だ。ちなみに日本は調査対象となっていないのが微妙にせつない。

北米:シリコンバレー&ベイエリア、ロサンゼルス及びCA州、シアトル、ボストン、オースチン、シカゴ、ニューヨーク、バンクーバー(カナダ)、トロント(カナダ)、モントリオール(カナダ)
南米:サンパウロ(ブラジル)
中東:テルアビブ(イスラエル)
欧州:ロンドン(イギリス)、アムステルダム(オランダ)、パリ(フランス)、ベルリン(ドイツ)
アジア:バンガロール(インド)、モスクワ(ロシア)、シドニー(オーストラリア)、シンガポール、クアラルンプール(マレーシア)

結果は以下のとおり。

【1位】シリコンバレー&ベイエリア(アメリカ)
$118,000(¥120/1$換算で¥14,160,000)
【2位】ニューヨーク(アメリカ)
$114,000(¥13,680,000)
【3位】ロサンゼルス及びCA州(アメリカ)
$109,000(¥13,080,000)
【4位】ボストン(アメリカ)
$109,000(¥13,080,000)
【5位】シカゴ(アメリカ)
$105,000(¥12,600,000)
【6位】シアトル(アメリカ)
$105,000(¥12,600,000)
【7位】オースチン(アメリカ)
$97,000(¥11,640,000)
【8位】シドニー(オーストラリア)
$88,500(¥10,620,000)
【9位】モントリオール(カナダ)
$70,000(¥8,400,000)
【10位】ロンドン(イギリス)
$63,000(¥7,560,000)
【11位】テルアビブ(イスラエル)
$61,000(¥7,320,000)
【12位】ベルリン(ドイツ)
$60,000(¥7,200,000)
【13位】トロント(カナダ)
$54,700(¥6,564,000)
【14位】アムステルダム(オランダ)
$53,800(¥6,456,000)
【15位】パリ(フランス)
$53,000(¥6,360,000)
【16位】バンクーバー(カナダ)
$51,600(¥6,192,000)
【17位】クアラルンプール(マレーシア)
$40,000(¥4,800,000)
【18位】モスクワ(ロシア)
$36,600(¥4,392,000)
【19位】シンガポール
$36,500(¥4,380,000)
【20位】サンパウロ(ブラジル)
$28,400(¥3,408,000)
【21位】バンガロール(インド)
$23,500(¥2,820,000)

興味深い結果だ。米国だけ突出したサラリーを得ているようだ。これは、EXITのボリュームもさることながら、各資金調達ステージのボリュームが他地域より桁違いな所にあるのだろう。このあたりはレポートを見ていただければすぐに相関が分かると思う。

レポートは世界のスタートアップ企業の生態系を全体的に俯瞰したものになっているので、さらなる興味がある方は是非ソースをあたっていただきたい。和訳した抜粋は、TechCrunchJPTHE BRIDGEが報じている。

システムエンジニア給与に関するその他の情報

今回のランキングはスタートアップ企業に関するもののみ。都市はある程度限定されている。そのため、他のデータとの比較もしたいところだろう。

というわけで、以下の参考リンクをあたって、日本のSEの給料が安いのか、米国だけが高いの、だったらどう選択すべきなのか、など各々思いを馳せていただければと思う。

2015年米国でのエンジニアの言語や技術カテゴリ、階級による収入の違いがわかる。

2014年のデータ。ビックマック指数や他職業との比較も確認できる。

【この記事に関連する記事はこちら】
↓Twitter版「きりんの自由研究」も配信中