読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CTO募集求人に見るベンチャー初期の採用で交差する思惑

「CTO(候補)募集中」と良く見ているウェブメディア、ひらたくいうとブログに書いてありました。CTO募集について雇われる側、雇いたい側に色んな心理が交錯して面白いので、その内側をつらつらと記事にします。

CTOを広く募集する、という行為にまず違和感がありました。ちょっと検索してみると、過去同じ考えにいたったCTOの記事に出会いましたので合わせてこちらもどうぞ。

(旧)ロケットスタート現nanapiのCTO、わだっぷさんの記事です。

同記事のブクマコメント

よーするにボーカル以外募集中なバンドって感じよなぁCTO募集って

がキラリと光っていました。

あらかじめエクスキューズさせてもらうと、私はその「CTO募集」をしているメディアを好意的に思っているし、彼らの邪魔をしたくないのでリンクは張りません。それから私はCTOの経験もないし、大して技術にも明るくないのでヨタ話の書きなぐりだと思ってください。真のCTOたちが語る、真のCTOと何かを論ずる記事は、以下をおすすめしておきます。

id:naoya 氏の記事です。ちょうど後編がアップされました。肉や寿司がおいしそうです。CTOって旨みの多い食事にありつける羨ましいです。

というわけで、今日は専門外に長い首を突っ込んでいきます。誰向けの話というのもないんですが、たまにははてならしくテキストを書きます。

創業期ベンチャーがCTO(候補)を求人する際の思惑

「CTOを募集しているIT寄りの会社の代表たち」がどういう思惑なのか、前述のわだっぷさんの記事を参考にして欲しいのですが、要約すれば、自分が技術に疎いから丸投げできるスキルセットを持った人物が会社に欲しい、という事かと思います。

さらにビジネス・会社目線で技術を語って欲しいし、ボードメンバーも貧弱だからその人の人間的な厚みも期待して「弊社はCTOを募集します」としてあるわけです。逆にビジネス目線で技術に取り組んでほしいからオタク趣味のテッキーみたいなやつはお断りだ、ビジネスとして弊社に取り組んでいただきたい! という裏返しでもあります。

付け加えるならば、システムがトラブっててもねーちゃんと酒のんだり、夜になったら寝たい。というのは言い過ぎかもしれませんが、技術を完全に誰かに預けてリソースを他へ集中させたい。だからこその「CTO募集」というわけです。

しかし当人を振り返ってみれば、金も無い、ネームバリューもない。CTOたる人材を引っ張ってくるコネクションも無い。無い無いずくしなわけです。無いから欲しいんだけど、無いから人が来ない。負は連鎖しています。募集する側は「ウチの会社は技術志向です」というポジティブな部分を打ち出したい、というところからの「CTOポストの募集」という意味もあるのかと思いますが、募集している側は「技術の親分募集」程度の認識しかないので、よけいにCTO募集広告が技術者に刺さらない募集内容を生み出します。

WantedlyのCTO求人を見ると玉石混交です。この中で、キャッシュ・フローを確保して自走している企業、まだはIPO目処がついた企業であれば、CTOというポスト募集もある程度理解できるし、迎え入れる側もそれなりの金を積むことができます。しかし金の無い所はそれができません。IPO前にCTO募集はちょっと謎ですが。

VCが入っていたらストックオプション制度なんかもある程度整備されてるかもしれませんが、そもそも駆け出しのベンチャー企業のSOなんかもらってもしょうがない。特に広告で募集した場合は、企業に惚れてるわけじゃないのでSOなんてゴミにしか思っていないはず。

大手企業がCTOを募集する時、門戸を広くするために、トップリクルート、ヘッドハント初めとした紹介などを全方位でやる中の1つの手段なら理解できます。

しかし、零細ベンチャーが広くCTOを募集するというのは、CTOという言葉で待遇のイケてなさ、会社のイケてなさを隠しているだけにすぎないわけです。

技術者側の視点

技術者側の視点、雇われる側の視点をもう少し考えてみます。

件のメディア運営でいえば、よくて1PV1円。そこそこ成長していて月間500万PVだとして月商500万、粗利が300万くらいだとします。この手の業界は労働分配率が高く70%くらい。とはいえ300万に対する70%ですから210万がこの会社の給与原資です。保険もろもろを加味して@40万で月額給与を計算すると、5人の会社規模です。GIGAZINEで月1億PV。彼らが1PV1円で売上が立ってる事は無いと思うので、高めに@0.5円だとして、MAX52人の会社規模です。GIGAZINEは多分この半分から2/3くらいの規模が実情じゃないんでしょうか。

とにかくWebメディア運営というのは儲けが少ないので給料が出せない。

ベンチャーキャピタルからお金が入ってたとすれば、待遇を盛っていく事が出来ますが、ベンチャー初期の段階では、1年2年資本が燃え尽きるような設定にしておくものです。そんな危ない会社、良い技術者は、よっぽど事業が良いと思えなければCTOを引き受ける事はしないでしょう。もしくはスネに傷があるか。

webメディアでなくとも、そもそも小規模のwebは知識欲求を満たす対象として魅力が少ないものです。メルカリや大手EC、クックパッドなどのCMS、ソーシャルゲームなどは秒間数千から数万のリクエスト、月間で数十〜数千億のトラフィックを捌きます。優秀な技術者といしてはこういう歯ごたえのある職場にチャレンジしたいものです。

一方、メデイア運営はWordpressの拡張、良くてオリジナルのシステムをphpで構築する程度です。サーバーインスタンスでいえばバックアップ含めて10台もあれば足りるでしょう。アプリを作ってもウェブベースに毛が生えたようなもの。こんなコモデティ化した技術だけで満足する優秀なエンジニアはそういないでしょう。金が貰えないなら特に。

外の世界を見てみれば、機械学習、ビッグデータ処理、進化するフロントエンド開発・スマホアプリ開発。これから熱い技術を無視して行く意味が、技術者には必要なのです。

経験の浅いエンジニアならこのポストを考えるでしょうか。CTOとして多くを自分で決定できるのは魅力です。しかし先輩や環境から学べる事は他と比較して多くありません。しかもCTOですから会社の技術としての最後の砦です。トラブルは本人が解決できないと終わり。これは未熟なエンジニアとしても、会社としても望むべきでない状態です。

また半端な知識でCTO職につくと、前職の人から会社ごと馬鹿にされる可能性があります。これも双方望むべき事ではないでしょう。あいつがCTOだって? チーフトイレットオフィサーじゃなくて!? みたいな。

以上のようなことから、CTOという名前だけで待遇が低い企業へ技術者へ行くことは殆ど無いでしょう。リクナビNextの首都圏のシステム開発エンジニアの給料よりせめて良い待遇でなければ。こういう開かれた求人でCTO候補として応募してくる技術者は必ず脛に傷があります。

残されたCTO獲得の選択肢

というわけで、ボランティア志望でも無ければWantedlyや自社サイトからまともな人間はこないと思うので、以下を提案します。

既知の知人で候補になるやつに事業の素晴らしさを伝えて口説く

これが王道です。常に業界に目を光らせ、セミナーでもWeb上でもとにかくCTOになれるようなエンジニアを探し、見つかったら劉備と孔明のように三顧の礼で迎え入れるのです。

こういう人であれば、技術や知識が一定量確保できます。さらに情熱的に口説くわけですから、株式の一部を持ってもらって待遇を押さえ、一緒に夢を追ってくれるかもしれません。

ただし、会社のトップは、彼を口説く為に最高の話術を学ばなければなりません。

ヘッドハント会社経由で相場以上の金を積む

これは普通のやり方です。CFOはこの方法で調達される事が良くあります。

ただし彼らは情熱で動かされるわけではないので、リスクに見合ったリターンが必要です。彼らとて他の選択肢を捨てて飛び込むわけですがから捨てる機会に対する補填が必要です。またベンチャー企業ですからリスクに見合う金額というのは大きくなりがちです。

1つ目の案、事業も仕事内容も地味、社長がCTO候補を外の世界で口説けないなら金で解決するしかありません。

諦めて普通のSEスタッフとして雇う

個人的にはこれがおすすめです。そもそも立ち上げ時にCTOたる人材が必要なく立ち上がってるのだから、わざわざ後付でCTOを探す必要はないんじゃないかと考えます。本当に技術オリエンテッドにしたいのでしょうか? 会社ごっこ的な雰囲気に流されてませんか?

求人サイトや雑誌に「会社立ち上げにつき オープニングSEスタッフ募集。みんなで会社づくりをしよう。みんな未経験です」のほうがまだ経験が無いが将来CTOになれる器が来る可能性が高いです。

それでどうしてもCTO職が会社に必要であれば、後からその初期SEを役員に格上げすればいいと思います。その頃まで会社で技術者としてトップを貼っていれば、それくらいの器にはなっているはずです。

外からCTOを招集するにしても会社に体力が付けば、採用は楽になります。その頃CTOを探しても遅くありません。

繰り返しになりますが。変にCTOと肩書を煽ってもお互い良いこと無い。不特定多数から募るんなら「メインエンジニア募集」くらいでいいんじゃないでしょうか。

諦めて立ち上げた本人がコードを書く

実はこれが一番現実的です。そうしながらCTO候補を口説くというのがIT業界では常套手段な気がします。

立ち上げしばらくはコード書いてたIT社長さんなんていっぱいいます。

というわけで結論として

  • そのCTO募集は見透かされている。良い人がこないからやめたほうがいい
  • IT企業を起こすんだったら、本人がコードを書けるか書けるやつと始めるか、本人が人たらしである必要がある。もしくは、役員に技術者を据える必要の無いビジネスにすべき

ということです。

↓ツィッターやってます