読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクドンムアン空港で4G(LTE)SIMを手に入れる方法

 LCC路線御用達のバンコク・ドンムアン空港で4G/LTE SIMが手に入れられるようになっているのでレポート。2015年9月中頃に確認。

 到着ゲートから手荷物受け取りをして左に行くと

 こんな感じのコンビニがある。こちらではSIMカードを販売している。バンコク、ドンムアン国際空港のプリペイドSIMカード販売が改善されていた - shimajiro@mobilerさんの記事でもご存知の人も多いと思う。

 AirAsiaで早朝到着してこちらでSIMを開通する人も多かったと思う。

 1ヶ月ほどの滞在だったのでできればLTE通信がしたいと思い近づいてみると4Gと書いてある。

結論を先に書くとLTE SIMを手に入れたい人はここで契約しないように!

 価格は1ヶ月で399バーツだったので試してみる。

 その場でおばちゃんがSIMカードの排出・挿入とトップアップをしてくれる。

 通信をチェックしてSIMのパッケージをもらうも3Gと書いてある。その上電波の表示がLTEではなくH(ハイスピード3G)になっている(機種はNexus5)。

 おかしいと思いおばちゃんに確認すると「Androidは4Gでもそういう表示になる」だとか「iPhoneだとちゃんとLTE表示される」というが、どうも通信が遅い…。もしくは空港にはLTE電波が来てないのか…。

ドンムアン空港に新しくできたtrueのブースは4G/LTE SIMを販売中

 問題のコンビニがある到着ロビーには最近trueのブースが出来た。しかし私が到着した朝4時頃にはtrueのブースに人気がない。ガードマンに尋ねると6時オープンとのことで、周囲で少し時間を潰してオープンを待つ。

 オープンと同時にtrueブースに乗り込む。開店したばかりなので並ばずにすぐに話す事ができた。

 で「さっきコンビニで4G契約したけどなんかおかしいから見てくれ」と伝える。

すると
3Gのハイスピード通信を4GB(ギガバイト)分契約になっている
と冗談みたいな事を言われる。

 コンビニのSIMおばさんたちが不慣れでトップアップ間違った可能性もゼロじゃないが、ドンムアン空港でLTE SIMを手に入れたければコンビニはやめておいたほうが無難。trueのブースでもこの契約はキャンセルもLTEへの変更もできないと言われる。

 というわけで「LTEのSIMはここで手に入る?この3G SIMは破棄していいから」と聞いたら「ここでLTE契約できる」とのこと。

 ドンムアン空港のtrueブースで契約できる4G/LTE SIMは30日契約で2GB分のLTE通信が付いてたしか379バーツだった。一週間だともっと安いと思われる。

 というわけでtrueブース開店から15分後の朝6時15分。無事LTE通信回線が開通。アンテナマークでもLTEの表示が確認できた。

 パッケージも4G SIMになっている。

 というわけでドンムアン空港で4G/LTE SIMを手に入れたければ朝6時まで時間を潰してtrueのブースで直接契約しよう。

【この記事に関連する記事はこちら】
↓Twitter版「きりんの自由研究」も配信中