2015-01-10から1日間の記事一覧

「21世紀の資本論」さあ日本でも格差拡大を議論する時期が来た

世界の経済学者をけんけんがくがくの議論に巻き込んだ、1冊の本がこの冬、日本でも発売されました。そう。「21世紀の資本論」トマ・ピケティ著。FRB議長ローレンス・サマーズがその主張に同意し、あの経済学者ポール・クルーグマンが大絶賛した1冊。

【金融の世界史】が面白すぎておもわず時系列に並べてみた

ガルブレイス「人間の仕事の処分野のうちでも金融の世界くらい、歴史というものがひどく無視されるものはほとんどない」 というわけで、今回は 板坂 敏彦 著「金融の世界史」という本を紹介します。2013年刊行の「金融視点で歴史を書き出した本です」 金融の…